dima
  • intimate

    I want to know what is truly felt. I want to see what lies beyond those feelings. But the more I look,the less I see. It is so close, yet we know nothing of the truth. I think about the relationship between you and I. * * * I moved to the city from the countryside when I was a student. I feel like I used to be intimidated by people who lived this big city. Somehow I felt that their speaking styles sounded like cold and insensitive, so I just felt like there was a wall or a veil, or something like that. And many years have passed since I came here and I've become accustomed to life, but I don't even know my neighbors and sometimes I look back at the time. It seems that people are intimately connected in the big city, but it might be veiled. Am I cuddling with my family and friends? I'm just wondering.. To be honest, I'm not really sure. I think that superficial impressions are different from their real feelings and they may not notice it. The more I tried to get to know their real feelings, the more I've lost my focus. I want to face and consider it through taking photos. This work titled "intimate" visualized the feelings. I turn off the light, then it gets dark in my room. And after a while my eyes get used to the dark. I think if I look closely, I can see another person's emotions. Sometimes, we can't remember the good memories we had. Happiness is brief, like it's veiled or foggy. So that we just smile to cover up the pain. We're always together like this, but we've never been able to understand each other.    本当の感情が知りたいと思った。 感情のその先を見たいと思った。 でも見ようとすればする程、見えなくなった。 いつも近くにいるのに、本当の事は何一つわからない。 私とあなたとの関係について考える。 * * * 私は思春期に片田舎から都会に引っ越してきた。 都会の人々の反応に私はいつもびくびくしていたような気がする。 こちらの人達が話す言葉はどこか冷たく感じて、そこに超えられない壁のような、 また取り去る事のできないベールのようなものを感じた。 そして私が都会の住人となって、かなりの時間が流れた。 生活そのものは順応していけるようになったけれど、 しかし、私は相変わらず、隣に住む人がどんな人なのかを知らないし、 思春期に感じた事を今でも時々感じる事がある。 都会では日々、多くの人々が密接に関わり、出会いをもたらしているようで 実は沢山のベールに包まれているのかも知れない。 私の周りにいる友人や家族についてはどうだろう? 私は彼等の気持ちをちゃんと理解し、本当の気持ちに寄り添っているのだろうか? 正直、自信がない。 表情や外観から感じとれる印象と、それぞれの人が抱えている本当の感情は、別なのかも知れない。もしかしたら当の本人ですらわかっていないのかも知れない。本当の感情、本当の気持ちを知ろうとすればする程、それは見えづらくなった。 私の身近な人達を被写体として撮影する事で、その関係性について改めて向き合い考えたい。この『intimate』という作品はそんなもどかしい感覚を視覚化した作品である。 部屋の照明をを消すと、暗闇に包まれる。しかし目を凝らすと少しずつ周りが見えてくる。相手の感情もそんな風に目を凝らする事で片鱗を見る事ができるのではないかと思った。 また、楽しかった想い出ほどディテールが思い出せなかったりする。幸せな感情はどこかぼんやりしていて、一枚ベールを纏ったように掴めそうで掴めない。そして人は悲しみを笑顔というベールで包み隠す事ができるのだ。 いつもこうして、こんなに近くにいるけれど、本当の事は何一つ分からないままでいる。